睡眠中ターンオーバーが行われているときに、肌を清潔な状態にすることが大切です。

ニキビと睡眠

ニキビ対策には睡眠を十分に散ることが大切です。
ではどのような理由から、ニキビに重要なのでしょうか、またどのような睡眠がニキビ改善には良いのでしょうか。

 

 

睡眠不足が起こすニキビ肌になる悪影響

 

ターンオーバーの異常

睡眠不足では、肌のターンオーバーのサイクルに乱れが生じます。
睡眠中に分泌される、成長ホルモンにより、体のあらゆる部分の、修復、成長、などを行いますが
肌の再生も、睡眠中に行われます。

 

睡眠不足になると、成長ホルモンの分泌が正常ではなくなり、肌の古い細胞の修復もなく、
老化していきます。
古い角質が、肌に残って厚みをましていき、毛穴がつまりやすくなり、ニキビができやすくなります。

 

 

皮脂の過剰分泌

睡眠不足であることは、体の休息が少ない状態で、精神的にも、身体的にも、緊張状態が多く、
交感神経が優位に働く状態が多くなります。
交感神経は、男性ホルモンを活性化し、男性ホルモンは、皮脂の分泌を増やすという影響があります。
皮脂が毛穴に詰まってニキビができやすくなるということになります。

 

 

免疫力の低下

睡眠中に体の免疫細胞は活発となります。
睡眠不足では、免疫機能が低下し、ニキビになるアクネ菌に対しても、抵抗力が衰えニキビになります。
出来てしまったニキビも、炎症を起こしやすくなり、炎症を起こすと跡が残りやすくなります。

 

 

どのような睡眠が理想的なのか

ニキビの改善や、ニキビが出来にくい肌になるための睡眠方法として
夜の22時から2時のゴールデンタイムには就寝しているように心がけるようにします。

 

成長ホルモンが、もっとも活発に分泌されるのが、睡眠後から3時間の間と言われています。

 

睡眠時間を8時間取っていたとしても、就寝時間が、2時過ぎではあまり効果がないと言うことです。
早寝早起きの習慣をつけることが大切です。

 

睡眠したくても寝付けないのは、日中、太陽に当たっていない場合も多く
太陽の光に当たると、セロトニンが分泌され夜には、メラトニンとなり、
質の良い睡眠ができるようになります。

 

ストレスもニキビを作る原因となるので、幸せホルモンとも言われるセロトニン不足にならないように、気を付けます。
セロトニンは、トリプトファンというアミノ酸から作られるので乳背品、肉類、魚介類を食べるようにします。

 

睡眠前には化粧をしている場合には、きちんと洗い落としておくことが重要です。

 

皮脂の分泌は夜の22時からのゴールデンタイムに、最も活発となります。
睡眠中ターンオーバーが行われているときに、肌は清潔な状態にすることが大切です。