日焼け止めは、オイルの入っていない肌への負担が少ないものを選びましょう。

ニキビと紫外線

 

ニキビができてしまった場合に気を付けなければいけないのは紫外線によるダメージです。

 

ニキビ肌の場合の紫外線対策

紫外線は肌にダメージを与えることは良くわかっているけれど日焼け止めをニキビ肌につけても大丈夫?と思ってしまいがちです。

 

紫外線は活性酸素を発生させ、肌にダメージを与えます。

肌にもともとある防御作用として、角質を厚くし、硬くします。
角質が硬くなると、毛穴が詰まりやすくなり、ニキビができやすい肌になりニキビの原因となります。

 

ニキビ治療の一つ、角質のピーリングを行うと、肌のバリヤーも同時に剥がしてしまいバリヤー機能が低下してしまいます。

 

紫外線対策は特に注意しないと、何時もよりもよりダメージを受けてしまいます。

 

 

ニキビ肌の日焼け止め

ニキビ肌でも、紫外線対策に日焼け止めは使うようにしましょう。

 

注意することは

 

添加物に注意

ニキビ肌の場合、特にピーリングの治療をした後などは、いつもよりも肌が敏感になっています。
肌への負担のないものを選ぶために添加物に注意し、無香料、無着色の日焼け止めを選ぶようにしましょう。敏感肌用の肌に優しいものを選ぶようにします。

 

 

オイルの入っていないもの

日焼け止めの種類に、油分が入っているものがあります。
肌の乾燥を防ぐ目的で入っていることが良くありますが、油が紫外線により酸化をおこし、活性酸素となって肌に悪影響を起こすこともあるのでオイルタイプのものはえらばないようにします。

 

 

紫外線吸収剤に注意

紫外線吸収剤は、UV対策には効果がありますが
肌荒れの原因となったり、アレルギー反応を起こすことがあります。
SPFやPAの表示の高いものは肌を守る力が高いのですが、この紫外線吸収剤が入っている場合が多く注意が必要です。

 

 

日焼け止め対策は食べ物から

紫外線が肌に問題を起こす主な原因は、作り出す活性酸素です。
活性酸素に対抗する、抗酸化作用のある食品を摂ることで日焼け対策が出来ます。
アントシアニンのようなポリフェノールの含まれたくだものをたべたりビタミンACE(エース)と言われる抗酸化作用のあるビタミンA(カロテン)、ビタミンC、ビタミンEを含む食品をたべるようにしましょう。