背中の洗い残しやシャンプーの洗い流し忘れのないように気をつけましょう。

背中ニキビの対策

 

背中は皮脂腺が、肩甲骨の周りに多くあるのでもともとニキビができやすい所です。
気をつけなければ、目につかない所なので、悪化して初めて気づくという場合が多くあります。

 

背中のニキビの原因

背中には皮脂腺が、肩甲骨のまわりにあり、清潔にしていないとニキビになりやすい所です。

 

目につかない所だけに、かゆみなどで初めて気がつき、すでに悪化している場合が多くあります。
まず、背中も清潔にするということが大切です。

 

大人になってからの背中のニキビの原因はストレスや、不規則な生活、睡眠不足、食生活の乱れです。

 

背中ニキビは、ホルモンの乱れなどからも出来てしまいます。
ホルモンの乱れは、不規則な生活・食生活などから自律神経が乱れ、ホルモンの分泌が乱れることでニキビができてしまいます。

⇒ホルモンバランスの改善について

 

 

背中ニキビの改善方法

背中ニキビの改善にはまず、生活習慣の見直しです。
いつまでも夜更かしはしないで、睡眠不足を改善します。

 

特にゴールデンタイムと言われる夜の10時~2時までの間は成長ホルモンの分泌が最も盛んになり、細胞の修復なども行われ肌のサイクルが正しくに行われるようになります。

 

質の良い睡眠をするために、ベッドやシーツも清潔なものを心がけましょう。

 

食事を見直し、肉食中心で動物性の脂肪の多い食事では、血液がどろどろになりコレステロールも増え、ニキビができやすくなります。血行不良となり新陳代謝も滞ります。
野菜不足に注意し、ビタミン、ミネラル不足にならないように気をつけバランスのとれた食事を心がけましょう

 

血行促進をして、新陳代謝を正常にするために、活性酸素を取り除く抗酸化作用のある食品を取り入れましょう。ポリフェノールや、ビタミンACEは抗酸化作用があります。

 

ストレスはニキビの原因となります。
精神的なストレスは、気分の持ちようで解決することもあるので各個人に見合った、アロマテラピーやスポーツなどストレス解消を見つけることも大切です。

 

シャンプーなどがきちんと洗い流されていないという理由からも背中ニキビも出来てしまうので、頭を洗った後で体を洗うなど背中にシャンプーの洗い流し忘れのないように気を付けます。

 

肌にシャンプーが合わないという理由もあるため、刺激の少ない肌に優しいものに変えると治る場合もあります。