炎症を起こしている赤ニキビは、ニキビ跡が残りやすいです。

ニキビ跡ができるメカニズム

ニキビ跡とは

ニキビが治った後に残る色素沈着や、クレーターのことです。
悪化したニキビの場合には、ニキビ跡ができやすくなります。

 

 

ニキビ跡はどうしてできるのか?

ニキビはきれいに治るニキビもありますが中には治った後も、赤くなっているものなどがあります。
ニキビ跡ができる場合は、ニキビが炎症を起こしたいわゆる、赤ニキビという場合に多いようです。

 

赤ニキビにも段階があり、赤ニキビのなかでも炎症がひどくなって膿をもっているような痛いニキビになってしまうと、跡が残りやすくなってしまいます。

 

ニキビの出来初めの、白ニキビ、黒ニキビの段階で、できてしまったニキビの対策をすることが大切です。

 

皮膚の構造は、表皮、真皮、皮下組織からなり、表皮のニキビ跡は薄茶色の色素沈着となり、真皮のものはクレーターや赤黒い色素沈着、皮下組織までいたるとクレーターや硬いクレーターで完治しにくいものになります。

 

 

ニキビ跡の種類別の解決法

皮膚に薄茶色に残る色素沈着のニキビ跡は、炎症のあるにきびのところに肌を守ろうと、メラニンが大量に作るられることから色素沈着がおこります。
この場合は、肌のターンオーバーが正常に行われると、数か月後には自然になくなります。

 

肌のターンオーバーを正常にすることが大切です。

 

真皮層にまで至る、炎症のニキビのが場合には、クレーターや、血管がダメージを受け赤黒い色のニキビ跡になります。
この場合には、皮膚科での治療が必要です。

 

この段階のニキビを放っておくと、皮下組織にまで炎症をおこすことになりそうなると完治がとても難しく、クレーターもできてしまいます。
早期に皮膚科で治療をすることが大切です。

 

皮膚科で行われる方法
  • ケミカルピーリング
  • レーザーピーリング(フラクショナルレーザー、炭酸ガスレーザー、クールタッチレーザー)

などがあります。

 

多くの治療法は、古い角質を取り除き、新しい肌の再生を促す目的で行われます。

 

正しい肌のターンオーバーが行われるように、治療後も気を付けなければいけません。
多くの治療には時間がかかり、価格も治療法によっては高価なものもあります。