ニキビができている時は特に洗顔方法に気をつけましょう

ニキビができている時のスキンケア~洗顔~

 

①洗顔を始める前に、手の汚れを落としましょう。
手の平には、目に見えない雑菌や油がたくさんついているからです。
まず手を洗って、手のひらの油分や雑菌を落とします。

 

②洗顔料を泡立てましょう。
泡立て専用のネットを使うとしっかりと泡立てることができます。

 

③さっそく洗ってみましょう。
ひたい、鼻とそのまわり、あごなど、脂っぽい部分から泡をのせて、そっと押さえるようにします。
こする必要はありません。ニキビの周りや、脂っぽくなりがちな部分は、ついついこすってしまいがちですが、肌に刺激を与えてしまい、ニキビがひどくなったり、毛穴が開いてしまったりします。
特に、乾燥肌や混合肌でニキビができている場合には、乾燥がひどくなってしまいます。

 

④ぬるま湯で、泡を落とします。
洗顔料が肌に残っていると、ニキビの原因になることもあるので、十分にすすぎましょう。

 

⑤清潔なタオルで顔を拭きましょう。
こすらずに、タオルを顔に押し付けるようにして水分を拭き取りましょう。
保湿の為の化粧水や美容液は、洗顔後すぐにつけましょう。

 

 

洗顔料の選び方
ニキビ用の皮脂を落とす洗顔料は洗浄力が強すぎるので危険なものもあります。
特に、乾燥肌、敏感肌の人は、乾燥がひどくなってしまう恐れがありますので避けた方が良いでしょう。

 

脂性肌の人は、アレルギーが無ければ、サリチル酸の配合されている洗顔料がお勧めです。

 

洗顔料は、肌の質に合わせて選ぶことが大事なので、乾燥肌、敏感肌の人は刺激の弱いタイプの洗顔料を選ぶようにしましょう。