おでこはTゾーンと呼ばれる皮脂の多く分泌されるところでニキビになりやすい所です。

おでこニキビの対策

おでこのニキビは、目立つところで、また治りにくいニキビです。
早期の対応で悪化を避けたいものですが、どのような点に注意すればよいでしょうか。

 

おでこニキビの原因

乾燥肌でも、Tゾーンと呼ばれるおでこの一部と鼻にかけての、
皮脂の多く分泌されるところにはニキビができやすくなっています。

 

思春期ニキビでは、最も多くできやすい所ですが、
大人になってからでも油断をするとできてしまいます。

 

大人ニキビの原因は、不規則な生活や、食生活の乱れ、睡眠不足、ストレスが主な原因です。
その他、洗顔を正しくできていない、または、化粧をするようになって化粧を落とし切れていない等の要因も増えます。

 

ホルモンのバランスを崩すと、ニキビが、ポツンとあらわれることがあります。
生活習慣の乱れなどから起こる、ホルモンの乱れは、免疫力も低下し、アクネ菌を繁殖させてしまうことになります。

 

ヘアースタイルや、整髪料、シャンプーなどのヘアケアで、刺激が強いものを使っていると
とくに、おでこを見せないヘアースタイルにしている場合、ニキビができることがあります。

 

 

おでこニキビの対策

 

ヘアースタイルを替えて前髪の刺激をなくす

おでこニキビの対策で、まず気を付けたいのはヘアースタイルです。
前髪を下す、へアースタイルは髪の毛が、おでこに触れ、特に毛先が当たるところでは、
刺激をどうしても与えてしまいます。

 

刺激があると、肌は刺激から守ろうとして、角質を硬くするという反応を起こし
毛穴に皮脂が詰まりやすい状態となってしまいます。

 

使用している整髪料のジェルや、スプレー等の成分が、前髪を垂らしていると、おでこにつき、
その刺激からにきびになることもあります。

 

髪の毛の汚れなどもつくということも考えられるため、髪の毛が、おでこに当たらないような
ヘアースタイルにかえることでニキビが出来にくくなります。

 

突然できてしまった場合には、前髪で隠してしまうと、菌が入ることもあるので、
ヘアーピンでとめるなどをして、ニキビに髪の毛が当たらないようにするようにしましょう。

 

 

洗顔時に注意する

洗顔の時に、髪の毛の生え際などに、洗顔料が残っていることがあります。
ちゃんと洗い落としているのかを、鏡などでよく確認するようにします。

 

洗顔時に、お湯を使うと、温度によると必要以上に皮脂を取り除き過ぎることがあります。
ぬるめのお湯で洗顔するようにします。
洗顔後には、しっかりと保湿を行うように気を付けます。

 

 

生活習慣の見直し

生活習慣を見直し、睡眠を十分にとり、バランスの良い食事を心がけ
ホルモンバランスの乱れを解消するようにします。