悪化したニキビが痛い場合や繰り返しできる場合は、皮膚科での治療をお勧めします。

胸ニキビの対策

顔にできてしまうニキビには注意をしている人でも、胸や背中のニキビには
案外気を付けていない人も多くいますが、出来ると、服などですれて、痛くなり厄介なニキビです。

 

どのような点に注意して対策をすればよいのでしょうか。

 

 

胸ニキビの原因

胸や、肩甲骨の周りなども皮脂腺の多い部分で、ニキビのできやすい所です。
とくに背中などは気づかないことが多く、できてしまって悪化して、触れて痛く感じて
初めて気が付く場合なども多くありがちです。

 

夏には、胸の大きく開いた服や、パーティーなどで、デコルテのドレスを着るときなどに
ニキビがあると台無しなので、気を付けたいニキビです。

 

多くの原因が、シャンプーをしてその洗い流したシャンプーが胸や肩についていて
キチンと洗い流していないことが原因で、できる場合があります。

 

またシャンプーの刺激が強すぎて、ニキビになることもあります。

 

体を洗うボディーシャンプーなども、肌にあっていない場合や、刺激が強すぎる、
また、洗い落としていないということで、出来ることがあります。

 

生活習慣の乱れから、睡眠不足や、バランスの悪い食事などで、ホルモンバランスが崩れて
ニキビができることもあります。

 

この様な原因のニキビは、10代では、できなかった人でも、
おとなになってから、背中や、胸にニキビができることがあります。

 

 

胸ニキビの対策

ニキビができてしまった場合、使用しているシャンプーや、ボディーシャンプーが、
肌にあっていないことが多くあるので刺激の少ないものに変えるようにします。

 

特にリキッドタイプのものは、洗い流しにくいことが多いので、
体は固形石鹸の、刺激の少ない肌に優しいものに変えるようにします。

 

シャンプーなどを洗い流すということを意識して、体に付着していないように気を付けるようにします。

 

胸ニキビ等にも、顔のニキビ用のピーリング剤の入った石鹸などを使って洗うということで
肌の再生を促します。

 

お風呂上がりに顔に、化粧水を付けると同時に、デコルテのところまで化粧水でケアをするようにします。ボディー専門の、化粧品などもあり、自分の肌に合ったケアをするようにします。

 

すでにできてしまった、胸ニキビは、清潔を心がけ、特に、衣服などですれてしまうこともあるので炎症となり、悪化することもあるので、ニキビ治療用のクリームなどで、ケアをすることを忘れないようにします。

 

生活習慣の見直しは大切で、特に睡眠不足や、ストレス、食生活には注意をします。

 

悪化したニキビが痛いなどの場合や、繰り返しできるなど皮膚科での治療をお勧めします。
あまり悪化しない前から、皮膚科で治療すると、跡も残ることも最低限に抑えられるためおススメです。