血行不良による便秘は、肌のターンオーバーが乱れるのでニキビが治りにくくなります。

ニキビと便秘

 

ニキビの原因には便秘があげられます。
便秘を解消することで、ニキビも解消することがよくあります。

 

便秘でニキビができてしまう理由

便秘になると、腸内に老廃物がたまった状態になります。
腸内では、善玉菌と悪玉菌があり、便秘の場合悪玉菌がはびこり悪玉菌は毒素を排出します。
毒素は、血流にのり肌荒れやニキビを作る原因となります。

 

便秘になる原因に、新陳代謝が滞っている場合もあります。
血行不良などが原因となり、新陳代謝も正常に行われていない場合に、便秘になることがあります。
血行不良は、肌のターンオーバーに影響をするためニキビが治りにくくなります。

 

 

腸内環境を整えることがニキビ対策につながる

便秘の解消をし腸内に善玉菌が優勢となった状態になると、ニキビも同時に解消することができます。

 

腸内の状態を良くするためには善玉菌を増やす食物繊維の含まれた食品をたべるようにします。
食物繊維には、腸に刺激を与え、便通を良くする働きもあります。
老廃物を吸収して、便と同時に排出します。

 

乳酸菌飲料や、腸まで届く乳酸菌の配合のヨーグルトを食べるようにします。
どのヨーグルトがいいのか迷う場合には、トクホのマークのついているものを選ぶようにしましょう。

 

乳酸菌は、ヨーグルトなどのほかにも、漬物や、みそなどの発酵食品にも含まれており、漬物などの植物性の乳酸菌は、酸に強いという特徴から腸まで届きやすい乳酸菌です。

 

乳酸菌は、腸内で乳酸や酢酸を作り、腸内を酸性にし、悪玉菌をやっつけてくれます。

 

 

便秘解消の生活習慣

便秘に悩む人は、運動不足の場合もあります。
毎日続けられる、自分の体力に合った、ウォーキングなどをするようにします。
運動をすることで、血行促進効果もあり、新陳代謝も活発になり肌のターンオーバーも正常に行われやすくなります。

 

ストレスも便秘の原因です。
現代人の生活には多くのストレスがあり、なかなか避けることは困難ですが、ストレスに強くなるビタミンCの欠乏にならないようにしましょう。

 

体が冷えている場合も、血行不良をおこし便秘につながります。
お風呂も、熱いお湯に短時間よりは、半身浴で体の芯まで温まるようにします。
夏には特に、冷房の冷風には気を付けて、薄着には気を付けましょう。

 

朝に便意をもよおすことが多いのでトイレを我慢することも、便秘になることにつながります。
規則正しい生活をして、朝、余裕のある時間に起床するように心がけましょう。