ニキビを解消するためには、ホルモンバランスの崩れを改善することが必要です。

ニキビとホルモンのバランス

 

ニキビとホルモンの分泌は重要な関係があります。

 

特に、思春期に急に増えるニキビは、男性ホルモンの分泌が増えることが関係しています。
大人ニキビの場合にもホルモンの分泌が原因の場合もあります。

 

思春期ニキビ、大人ニキビとホルモンの関係

思春期にニキビができるのは、男性ホルモンの分泌が増え、皮脂腺を刺激して皮脂の分泌量が増え毛穴に詰まりやすくなることから、炎症をこしやすくなりニキビになります。

 

大人ニキビでは、ストレスや睡眠不足などの生活の乱れからホルモンバランスが崩れ、ニキビになってしまいます。

女性の場合、ピルを使うようになってニキビが改善するケースもあり、ピルは女性ホルモンのを安定させる働きからニキビも同時に治るというケースもあります

 

ホルモンの分泌の乱れの原因は、ストレス、生活習慣の乱れ、食生活などが関係してきます。
特に女性ホルモンの分泌の乱れは、無理なダイエットなどが影響して、生理が来ないという若い女性などがニキビができている場合があります。

 

生理の前後になるといつもニキビが出来るという場合も、ホルモンの分泌の乱れが関係しています。
ホルモンの分泌が乱れていることで現れるニキビはフェイスラインや、あごにできやすく、又はこの位置にできているにきびが治りにくくなります。

 

 

ホルモンの乱れを直すには

ホルモンの乱れは、ストレスや生活習慣から起こります。
とくにストレスは、自律神経の乱れが起こり、交感神経が活発となり、緊張状態が続いたようになると男性ホルモンを多く分泌し、皮脂の分泌が同時に多くなってしまいます。

 

まずは、ストレスをためないということが大切です。
リラックスできる時間を持つことや、アロマテラピーのようなもので、入浴時間にリラックスするようにします。

 

エストロゲンの不足からニキビも出来てしまうので無理なダイエットはしないようにし大豆製品を食事に取り入れ、血行促進効果のあるものも同時に食事に取り入れ、また、毎日続けられる適度な運動をします。

 

規則正しい生活をして、睡眠不足にならないように夜更かしには注意しましょう。