ニキビ治療用のクリーム以外の使用は、リスクを伴うことがあります。

ニキビケア ネットで噂の方法は大丈夫?

ニキビにこれが効いたという、意外な方法がネットで噂になっていますが
本当に大丈夫なのでしょうか?

 

 

ニキビに効いたという噂

 

歯磨き粉を塗る

歯磨き粉をニキビにつけて、一晩寝て、洗い流してニキビケアをするというものです。

 

歯磨き粉には、殺菌効果があるので、おそらくその殺菌効果が、アクネ菌を殺菌したのではないかと思われます。

 

歯磨き粉には、殺菌効果のある成分以外にも、研磨剤なども含まれています。
塗ったあと洗い落とす際にこすると、ニキビが傷つく可能性もあります。

 

硫酸ラウリルナトリウムは良く歯磨き粉に含まれている成分ですが刺激の強い成分です
肌の敏感な場合には、炎症を起こす可能性があり、かえって厄介なことになる可能性があるため
誰でも大丈夫というものではありません。

 

 

目薬をニキビにつける

目薬を、ニキビに直接つけるという方法です。
目薬には、抗炎症作用、ビタミンなどが含まれており、それがニキビに効いたと考えられます。

 

目薬の中には、殺菌効果の期待できるものもありますが、
ニキビの為の薬ではないため炎症を起こす可能性もあります。

 

 

イソジンでニキビを治す

イソジンのうがい薬で直すという方法です。

 

イソジンは、消毒殺菌効果があり、傷などに使い消毒するという作用がありますが
消毒後、洗い流さないと、肌が荒れます。

 

ニキビができているという状態で、肌荒れも起こると、大変なのことになります。
特にうがい薬の場合、皮膚に使っても良い濃度ではなく、注意が必要です。
もともと、ニキビ対策の薬ではないために、リスクがあります。

 

 

これらのほかにも、レモンや、ジャガイモ、ミョウバン、重曹、アスピリンなどいろいろなうわさがありますがニキビの治療用のクリームなどを使用する以外の場合にはリスクが伴うことがあります。

 

又は、全く効果がない代わりに、かえって皮膚に悪影響を起こす場合も考えられます。

 

ニキビを自己判断で、間違った方法で治療してしまうと
クレーターという跡になる可能性が高く、ニキビが多くできてしまったり
痒い、痛いニキビなど、炎症を起こすことが多い場合などは、
皮膚科で処方してもらった薬を使うようにします。