ニキビケアの知識を身に付け悪化を防ぎましょう

ニキビを治してきれいな肌になるために…

ニキビは誰でも知っている身近な皮膚の病気ですが、
ニキビに対する正確な知識は知られていないのではないでしょうか。

 

女性の画像バナー

年頃になるとたくさんできていたニキビも、
いつの間にか治ると思っていませんか?

 

いつの間にか治ってしまう人もいますが、悪化してしまったり
大人ニキビが出来てしまったりする人もいます。

 

そんな時に、ニキビについての正しい知識や、自分の肌質について知っておかないと綺麗にニキビを治すことはできません。

 

ニキビを治すために、ニキビとはどういう病気なのかを知り、自分の肌に適した処置をすることが大事なのです。

 

ニキビは、皮膚病の一種で、医学的には尋常性ざ瘡といいます
毛穴に皮脂汚れが溜まってしまうとでき、皮膚に住んでいるアクネ菌という菌が毛穴の中でどんどん増えて炎症を起こし、ニキビを悪化させるので、膿をもってしまう場合もあります。

 

アクネ菌は、特定の人の皮膚に住んでいるのではなく、誰もの皮膚に存在していて、毛穴に皮脂が詰まらなければ、増えたり、皮膚疾患を引き起こしたりすることはありません。

 

皮脂汚れが溜まると聞くと、なんだか不潔にしているようなイメージがありますが、毎日洗顔していても、正しい洗顔をしないと、皮脂汚れは溜ってしまうものなのです。

 

また、ニキビは顔だけではなく、背中や胸にもできることがあり、薄着の季節になると気になってしまうものです。

 

 

思春期ニキビ

中学〜高校にかけての時期に、多くの人がかかる思春期ニキビは、成長の過程で性ホルモンが活発になるため、皮脂がたくさん分泌されることで、発症しますが、ほとんどの場合、時期が来ると治癒します。

 

ただし、集簇性ざ瘡という思春期のニキビの中で、非常に重いニキビになってしまった場合には、顔の広い範囲にニキビができ、にきび跡ができてしまいます。
そして、集簇性ざ瘡になってしまうと、慢性化し、治癒するまでに数十年かかってしまうこともあります。そんな事にならない為にも、重症だなと感じたら、すぐに皮膚科に行かなくてはなりません。

 

 

大人ニキビ

思春期ニキビとは違い、大人にみられるニキビには、いろいろな原因があり、
生活習慣、食事内容、精神的なバランス、体調など、個人の事情があります。

ニキビの原因を知ろう

 

洗顔や肌の基礎的な手入れ方法、メイクの仕方、使用しているスキンケアや洗顔料、洗顔方法などが原因になっていることが多くあります。

 

正しい洗顔方法はこちら

 

また、病気の治療の為に投与されたステロイド剤のせいでニキビができることもあります。
ステロイドが、皮脂の分泌を促すためにニキビができてしまうのです。
この場合には、ステロイド剤を投与している医師に相談するようにしてください。

 

ニキビができたからといって、すぐに皮膚科のかかる人は、あまりいないと思います。
けれども、ニキビができると、ニキビの痛みもありますが、他人からの視線も気になってしまい、気持ちがめいる、人前にでるのが嫌、集中力が散漫になるなどの弊害が出ることがあります。

 

そこで、何とか自分で治そうと考えて、洗顔の回数を増やしたり、ニキビ用の治療薬を塗ったり、ニキビをつぶしたり色々な方法を試している方が多いようです。

 

この時期に、手あたり次第に自分で治そうとした結果、ニキビを悪化させてしまったり、ニキビ跡を作ってしまったりすることが多くあります。
ニキビを治すには、ニキビのことと自分の肌質について知る事から始めましょう。

 

そして、間違った手入れのせいで悪化してしまった場合には、専門家のアドバイスを受けるようにしましょう。

 

専門家は、ニキビの種類と、本人の肌質によって外用抗菌薬の塗り薬、内服抗菌薬、漢方薬、ビタミン剤などの飲み薬、面皰圧出、ケミカルピーリングなどの中から、最適な方法で治療をしてくれます。

脂性肌の人の食生活改善法

脂性肌の原因は、男性ホルモンやステロイドの中に含まれている成分が、皮脂の分泌を活発にした結果、皮脂が過剰に分泌されてしまうためです。

 

それではなぜ、このような成分が、過剰に働いてしまうのでしょうか?

 

ニキビの原因には偏った食生活不規則な生活習慣があります。
具体的にどのような食生活が、脂性肌を作るのか考えてみましょう。

 

避けた方が良い食物

高カロリー、添加物、糖分、油分
脂性肌の原因である皮脂を増やしてしまう食物には、ポテトチップスやハンバーガーなどの高カロリーで、添加物が多く、質の悪い油を使っているものがまず挙げられます。

 

また、バターや肉類には飽和脂肪酸が多く含まれていますので、摂り過ぎないように気をつけましょう。

 

エネルギー源や身体を作る働きをする飽和脂肪酸は、摂取しすぎると、血液を流れにくくし、代謝を悪くするので、脂性肌の原因になるのです。
また、糖分やアルコールも、皮脂を増やします。

 

ケーキやチョコ

ケーキやチョコレートを食べ過ぎたり、連日アルコールを摂取したりするのも、脂性肌の原因になるのです。

 

 

積極的に摂取したい食物
 

それでは、どのような食物を摂取すると、脂性肌を改善し、ニキビを治す手助けをしてくれるのでしょうか?

 

納豆、玉子、レバーなどの脂質や糖質の代謝を促進するビタミンB2の含まれている食品、魚類などの免疫機能を高め、タンパク質の代謝を促進するビタミンB6の含まれている食品、ニンジン、ホウレンソウ、カボチャなど、皮膚の老化を防ぐβカロチン、柑橘類やピーマン、キャベツなどのコラーゲンを作り抗酸化物質として働くビタミンCの含まれている食品などを取り入れ、バランスの良い食生活を心掛けることが脂性肌改善の為の食事のポイントです。

 

できるだけ、外食、間食をやめて、体内をきれいにするような食生活を心掛けましょう。